高い医療費

医療現場で患者が困ることに一つに、高い医療費が挙げられます。特に、仕事に就いていないニートと呼ばれている若い世代やフリーターなどにとっては、ちょっとしたケガをしても治療代を支払うことができず、病院へ行くことを断念せざるを得ない状況となっていることもあります。

健康保険に加入していれば保険が効くため、ある程度は自己負担額が緩和されるものですが、それでも初診料は高く、薬代なども含めると一度の通院で一万円以上もかかってしまうということがあります。一万円すら出せないという若い世代は、今の時代、とても多くなっており、定年退職をした高齢者にとってもかなりの負担額と言えます。

これからの時代、少子高齢化社会がどんどん進んでくると言われているため、ますます医療にかかる高齢者が増えてくる可能性があります。そうなってくると、医療代はどんどんかかります。少しでも安くならないと治療を受けなくては生きていけないような人が困ってしまうかもしれません。

医療現場の実態について

患者の待ち時間
過酷な労働環境
人手不足
医療ミス
医療現場とIT
医療現場に求められる人物