医療裁判

医療裁判における医師の立場は、非常に難しいものがあります。例えば治療の基本方針は決して誤りではなく、本人も了解して治療を続けていたにも関わらず不幸にして無くなってしまった場合であっても、
その治療の方法や書類の状況などによっては医療ミスと判断されてしまい、責任問題を争う裁判となってしまうことも少なくありません。
そのため最近ではどのような治療を行う場合にでも必ず患者と家族の同意を得て治療を行うことが鉄則になっています。
病院によっては、経験の浅い医師に処置を任せ、判断ミスにより患者を危険な目に併せてしまうケースもあり、一概にその制度が問題ということではありません。

むしろこのような事態を防ぐためには有効な規則です。しかし、これらが迅速な治療という観点からすると大きな妨げになってしまうことも少なくありません。
緊急事態で命の危険があり早急に治療を行わなければいけない場合であっても、万が一の為に家族の同意を得なければならないことは、時として救える命を失ってしまうリスクも生み出してしまいます。
従来よりも医療の質が低下し、迅速な治療が難しくなってしまった背景にはこのような法的な問題も大きく影響しているのです。