過酷な労働環境

地方の中核病院では高齢化にともなって、手術患者が急激に増えてきています。そのため、病院では入院ベットが、常に埋まってしまう状態となっています。医療現場では、増える患者に対応するために、過酷な労働環境を強いられています。

とくに看護師は、深夜の夜勤をする必要があるので、厳しい仕事となっています。病院で手術を受けた患者は、24時間体制で看護しなければいけないために、夜の仕事も多く存在しています。そんな看護師の労働環境から、体力が続かなくなった人が病院をやめてしまうことも少なくないようです。

すでに病院では、看護師の人手不足がある中で、さらに看護師がいなくなってしまう悪循環が起こっています。医師でも外科などは、24時間勤務を終えてから、さらに半日、勤務したりして、ほとんど睡眠時間がとれない場合が出ています。そのため、いつ医療ミスが起こってもおかしくない状況があります。医療現場では、増える患者に医療人材の増員が間に合っていない状態が続いています。

医療現場の実態について

患者の待ち時間
高い医療費
人手不足
医療ミス
医療現場とIT
医療現場に求められる人物