患者の待ち時間

医療現場を訪れることは誰にでもあることです。通院治療をしている人は毎度のことながら、待ち時間に辟易してしまいます。特に、総合病院などの大規模な病院ともなると、たくさんの患者が訪れることから、患者の待ち時間はかなり長いものとなってしまいます。

1時間以上待つことは、ある意味、当たり前のこととなってきており、常に通っている人にとっては諦めの境地もあるものです。そんな患者の待ち時間を少しでも緩和させるために、医療現場でも多少の工夫をしています。

例えば、予約を取ることです。予約時間を決めることで、ある程度は時間を区切って治療や診察をすることができるようになります。患者がみんな予約時間通りに治療や診察を行うことができれば、待ち時間も少なくなるはずです。ところが、予定は未定と言われるように、予約時間を設けても遅れて訪れる人が居たり、診察や治療に時間がかかってしまったりするため、なかなか思うようにいかないことが多くなっています。

医療現場の実態について

高い医療費
過酷な労働環境
人手不足
医療ミス
医療現場とIT
医療現場に求められる人物