医療ミス

医療に携わっている人なら一度ならずとも何度か、医療ミスに遭遇してしまったことがあるかもしれません。これは社会的にも問題として取り上げられていることもあり、患者にとっても無視することのできない大きな問題と言えます。場合によっては、医療ミスによって患者の命が危険にさらされてしまうこともあるからです。医者も看護師もみんな同じ人間です。

たまには間違えてしまうこともあるはずですが、それでも人の命を預かっている身としては間違いがないようにしなくてはいけません。精神的にも大変ですが、間違いを犯さないように常に神経を尖らせて仕事を行うことになります。医療ミスを犯してしまうと、場合によっては裁判にまで発展したり、医師免許などを剥奪されてしまったりすることもあります。

医療に携わる側の人の人生も棒に振るようなことになってしまうため、注意が必要です。誰もが安心して治療や診察を受けられるようにするためには、ミスのない現場づくりが重要と言えます。

医療現場の実態について

患者の待ち時間
高い医療費
過酷な労働環境
人手不足
医療現場とIT
医療現場に求められる人物